もうすでに自動車を売ってしまっているのに、

もうすでに自動車を売ってしまっているのに、

もうすでに自動車を売ってしまっているのに、「瑕疵担保責任」を言い訳にして買取店舗が契約を解除したり買取金の減額などを言い渡されることがあるかも知れません。

もし自分が事故歴などを隠蔽して売ったとしたら自分の方が非難されるべきですが、査定スタッフが見落とししていたことに起因するものであれば非難される覚えはないのです。 (さらに…)

自分の所有する車を売るときにはたくさんの書類が必要に

車を売るなら、なるべく高価格で買い取りを希望するのが

自分の所有する車を売るときにはたくさんの書類が必要になってきます。

 

 

でも、車に関連した書類をなくさずにきちんと全部管理していて、なおかつ住所の変更や姓の変更がないのであれば、自動車売却にあたって新規に取得が必要なのは印鑑証明書のみです。 (さらに…)

故障や事故で修理をした車の履歴は、万が一隠して買取査

故障や事故で修理をした車の履歴は、万が一隠して買取査

故障や事故で修理をした車の履歴は、万が一隠して買取査定に持って行っても直ぐにそれと分かってしまうのです。軽い損傷程度で済んでいて、適切な処理が施されているならば修理車と見なされない場合もあったりしますので、隠さずに素直に申告した方が良いでしょう。 (さらに…)

2005年1月から自動車リサイクル法が実施され

2005年1月から自動車リサイクル法が実施され

2005年1月から自動車リサイクル法が実施されていますので、ほとんどの車の所有者は自動車リサイクル法に則り、自動車リサイクル料金を払っていると思われます。

 

 

こうした、リサイクル料金を既に支払っている車を売却する時には、その買取業者から納めたリサイクル料金に近いお金を返してもらえるのです。 (さらに…)

売却希望の車を見積もりする場合

売却希望の車を見積もりする場合

売却希望の車を見積もりする場合には、例えば、カーナビなどの付属品があると査定額が高くなる傾向にあります。

でも、新型の車にはカーナビシステム非搭載の方がめずらしいので、より最新モデルのカーナビでないと大幅な査定金額のアップは望めないでしょう。 (さらに…)

車を可能な限り有利に処分するためには、買取業務を行っている業

車を可能な限り有利に処分するためには、買取業務を行っている業

車を可能な限り有利に処分するためには、買取業務を行っている業者に売却することが望ましいです。

多くの業者が車の買取に対応しているので、あらかじめ買取金額の相場を確かめて、業者との折衝をしていくことが肝要です。 (さらに…)